スーパーカマグラとうつ病の薬の関係

男性の性機能障害の一つである、早漏治療の薬として、スーパーカマグラが利用されています。
スーパーカマグラは純正品ではなく、ジェネリック医薬品の立場の薬です。
そのため、純正品と比較して価格が安く、治療中の患者の金銭的な負担を和らげる効果があります。

スーパーカマグラの薬としての効果は、純正品と同じ成分が使われていますので、問題がありません。
人件費の安い国で製造されていることから、価格の安さを実現できています。

スーパーカマグラには早漏治療薬として有名な、ダポキセチンが含まれています。
ダポキセチンは元々、うつ病の薬として使われていました。
うつ病の薬はSSRIという成分で、これにダポキセチンも該当します。
比較的軽度から中程度のうつ病の薬として、処方されています。

うつ病は心の風邪と呼ばれることがありますが、学生時代のいじめがトラウマとなり、うつ病を発症することがあります。
学生でなくても職場のいじめ、家庭内のいじめが原因になることも決して珍しくはありません。

うつ病はセロトニンとノルアドレナリンという物質の、分泌が鈍ることで発症します。
これらの物質が鈍ることで、やる気を失ったり、倦怠感が続く、ひどく落ち込むなどの症状が起こります。
女性の方がかかりやすいとされていますが、男性の患者もたいへん多くいます。

SSRIには、セロトニンの分泌を促す作用があります。
セロトニンが分泌されると、緊張感や不安などのストレスに反応する物質を抑えることができ、早漏の原因である敏感に反応してしまう問題を落ち着かせ、射精までの時間を長引かせる効果が期待できます。
SSRIの中でもダポキセチンは、早漏治療によく効くとされています。

おすすめ記事